のこぎり屋根のオフィス

Photography: 宮畑周平 [瀬戸内編集デザイン研究所] オフィスが新しくなった。 内覧の機会を、と複数の方からお申し出いただいたこともあり、内覧会を設えたところ、仕事やプライベートやさまざまなところでお世話になっている方々、近隣の方々など多くの方…

まちなか大学トークセミナーvol.3「小さな場の開き方」

10月27日(日)、愛媛大学地域共創研究センターが主催する、まちなか大学トークセミナーvol.3「小さな場の開き方」に聞き手として登壇。 山之内圭太さん、木和田伝さんをゲストに、愛媛大学の山口信夫先生とともに話を聞く役回り。今回のトーク、企画からお…

ケミビル705 知らなくても楽しい、知ったらもっと楽しい『愛媛の建築』の世界

松山・ケミビルで不定期に開催されているイベント「知らなくても楽しい、知ったらもっと楽しい○○の世界」。 10月11日の第4回目となる同イベントのテーマを『愛媛の建築』としてお招きいただき、工務店の設計者・宮内健志さん、建築系編集者・宮畑周平さんと…

えひめの名建築とは何か?

愛媛県美術館 会議室にて行われた「えひめ名建築発掘発信事業」の第1回委員会に、矢野青山建築設計事務所の矢野さんとともにアドバイザーとして出席。 建築の地域資源化や観光まで視野に入れた、愛媛県内の近現代建築の発掘とリスト化を主な目的にしている…

仮事務所へ引越

事務所の建て替えに伴い、仮事務所へ引越。 40年間のいろいろなものも思い切って処分。小さい会社。それでも、段ボール箱は約200箱。 ダンススタジオとして使われていた1階は壁全面が鏡張り。昭和感あふれる事務所だけど、窓が多く風通しが良いので今のとこ…

谷中、街ぐるみの宿 HAGISO / hanare

以前から「アルベルゴ・ディフーゾ」について興味を持っている。イタリアで「散在する宿」のこと。宿泊や食事がホテルで完結するのではなく、街で部屋のカギを受け取り、食事もまちなかのレストランでとるようなスタイル。 東京では、谷中の街をホテルに見立…

友人のアトリエを訪ねて

東京へ。 十河彰・麻美が共同で主宰するSOGO建築設計と、増田圭吾による、構造設計を中心としたMASDをそれぞれ訪問。ともに同世代の建築家の事務所である。 SOGO建築設計 千駄ヶ谷にあるSOGO建築設計の事務所はマンションの最上階をリノベーションしたもの。…

第0回 ローカルアーキテクトミーティング

4月。Mさんにお声掛けいただき、第0回 ローカルアーキテクトミーティングへ。愛媛県内の若手の設計者で意見を交換する会である。 場所は、この日がオープンだというAkira Yamaguchi Studio。 三津の商店街にあるのだが、山口さんはこの場を作る過程で三津の…

営農型ソーラーシェアリング施設 完成披露式

仕事でお手伝いをしたソーラーシェアリング施設の完成披露式へ。 メガソーラーも様々なところで目にするようになった。メガソーラーには、広い土地にずらりと並べられた様子からも新たな景観問題となっている側面があると認識しており、さらには住民とのトラ…

今治「3.11以降の私(たち)」とイマバリカラーショー2019

3月。今治を訪れた。 「3.11以降の私(たち)」 今治ホホホ座にて、「3.11以降の私(たち)」観劇。 入場料を支払う代わりにそれぞれが野菜を持ち寄って入場するというスタイル。 今治ホホホ座の中に設営されたテントを舞台に、250km圏内による『地震の話』…

スペイン旅行記④ ガウディ建築巡礼とカタルーニャ音楽堂 -バルセロナ(2)

前回までの記事はこちら。 スペイン旅行記① 準備編 スペイン旅行記② アルハンブラ宮殿 -グラナダ スペイン旅行記③ 飛ばない、飛行機 -バルセロナ(1) バルセロナには夜に到着したので、食事をしてすぐ就寝。翌日はバルセロナの建築を巡る一日だった。こ…

耕して天に至る -遊子水荷浦の段畑

愛媛、宇和島の少し先にある遊子水荷浦の段畑を訪れた。リアス式海岸の急峻な斜面地に築かれた段畑。60段、高さ80mの最上部まで続くコンターライン。植えられているのは主に馬鈴薯で、石と緑のコントラストが鮮やか。 ジャガイモの葉が茂るこの時期が色鮮や…

スペイン旅行記③ 飛ばない、飛行機 -バルセロナ(1)

前回までの記事はこちら。 スペイン旅行記① 準備編 スペイン旅行記② アルハンブラ宮殿 -グラナダ 朝、グラナダのホテルを出発して空港へ。二晩お世話になったホテルをチェックアウトし、グラナダからマドリードを経由してバルセロナに向かう…予定だったのだ…

スペイン旅行記② アルハンブラ宮殿 -グラナダ

前回の記事はこちら。 スペイン旅行記① 準備編 スペインに向けて出発。 松山を出発し、羽田を経由して昼12時過ぎに成田を発って13時間。スペインにはイベリア航空による羽田⇔マドリードの直行便があり、直行便で19時前に飛行機は定刻通りマドリード バラハス…

スペイン旅行記① 準備編

妻との新婚旅行ということで、1月末~2月にかけてスペインを訪れた。 スペイン行きを決めるまで 新婚旅行はどこがいいのか?こんなに休める時間はなかなか取れないだろうから、アジア圏ではなくもう少し遠くに行きたい。個人的には長く滞在したアフリカ・…

道後オンセナート2018『街の中の雲』

2月23、24日の週末は道後オンセナート2018 地元プロジェクト『街の中の雲』で道後へ。担当者として手伝いに。 『街の中の雲』 『街の中の雲』は元々オンセナートのためにデザインされたものではなく、前年の「移動する建築」という松山で行われた建築コンペ…

小林博人・三島由樹 講演「社会や景観に働きかける新しい空間デザインのアプローチ」(2)

(前回の内容はこちら) 「参加型建築のすすめ」 三島由樹さんの次に行われた小林博人さんによる講演のテーマは「参加型建築のすすめ」。 小林さんの近年のプロジェクトを見聞きしていなかったが、2011年の震災以降、CNCなどのデジタルファブリケーション…

小林博人・三島由樹 講演「社会や景観に働きかける新しい空間デザインのアプローチ」(1)

建築家の小林博人さん、ランドスケープ・アーキテクトの三島由樹さんが松山で講演をされるというので拝聴。 まずはランドスケープデザイナーの三島由樹さんから。一般の聴講者が多く占める中、三島さんは「ランドスケープ」「ランドスケープデザイン」という…

京都の建築 ブルーボトルコーヒー京都カフェほか

富山の帰りに京都を訪れた。京都は今年二度目だが、前回は建築を見る機会がなかったのでいくつかの建築を訪れた。 ブルーボトルコーヒー京都カフェ [2018] プロジェクトの参考に、ブルーボトルコーヒー京都カフェ(設計:長坂常 / スキーマ建築計画)に立ち…

TOYAMAキラリ、ショウワノート高岡工場

TOYAMAキラリ [2015] (設計:隈研吾) ショウワノート高岡工場 [2018] (設計:能作淳平+佐藤工業) ---- TOYAMAキラリはすっかり日本を代表する建築家の筆頭となられた隈研吾氏の設計による公共建築。市街地再開発事業の一環。富山市立図書館本館、富山市…

(たぶん)二度目の富山

11月に富山を訪れた。 富山には一度訪れた記憶があるが、宿泊するのは初めてだと思う。 ねんりんピックが行われている影響だろうか。富山市は宿泊・飲食ともにいっぱいで、富山駅からほど近い「吟魚」は早い時間だけ空いていた。白海老の天ぷら、刺身、カニ…