まちなか大学トークセミナーvol.3「小さな場の開き方」

10月27日(日)、愛媛大学地域共創研究センターが主催する、まちなか大学トークセミナーvol.3「小さな場の開き方」に聞き手として登壇。

山之内圭太さん、木和田伝さんをゲストに、愛媛大学山口信夫先生とともに話を聞く役回り。今回のトーク、企画からお手伝いしました。

f:id:takaoshiraishi:20191030201843j:plain


山之内さんは東京都内のブリュワリーの醸造長として数々の受賞歴を持ち、今年Uターン。国内外ブランドのウエアなどを販売してきた千舟町のアパレルショップ「DD4D」内のスペースにクラフトビール醸造所をオープン。

木和田さんは広島在住。三津浜の古民家を改修し、クラフトビール醸造所と民泊の開業を目指す店舗兼住宅をこれからオープンさせようとしている。

二人に共通するのは「クラフトビール」作りに携わる点だが、二人のユニークな点は、ただクラフトビールを作るだけでもなければ、ただ古民家ゲストハウスを開業するだけでもなく、それらのプログラム(用途)の共存によって、小さくても新たな場を生み出している(生み出そうとしている)ところにある。

例えばDD4Dではアパレルショップの奥にブリュワリーとカウンターテーブルが共存し、それぞれ異なる客層を取り込みつつ、両者をビジネスとしても成立させている。街にとっても魅力的な場になっていて、そこが面白い。

「聞き手」として参加した私は、建築や場づくりに携わる立場として、そのテクニカルな話ができるといいのかなーと思っていたけど、お二人の生い立ちから今日に至るまでの話を聞きながら思ったのは、その技術論的な話ではなく、二人のベースに、そのビール作りや、地域や、あるいは家族に対する「思い」があるということ。要するに、二人ともとっても熱かった。

そして、二人が同業者でありながら、既に深い協力関係を築いているということも興味深く捉えられた。二人にお声掛けした際にも、同業者の登壇であることを確認したが心配は無用で、「市場が小さいからこそ協力も大事」とのこと。

さらに、クラフトビールの魅力についてもあらためて気付かされたように思う。「ビールはワインやウイスキーと異なり、何度でも挑戦できる」「作ったものを自分の目の前で飲んでもらって評価される」といったことを山之内さんは話していたが、ストリート感の漂う二人には、さらに言えばお客さんや関わる人との即興の対話、いわばライブのような感覚を楽しんでいるような気がして、そこにクラフトビールが合うんだろうなと。単純にアルコールがあれば場の空気も異なるし、ビールは持ち運んで別のイベントにも持っていけるし、クラフトビールの場を繋ぐツールというか、メディアのような役割というか、そういう魅力があるなーと。

ともあれ、大学の関わる事業の一環でありながら「古民家でビールを飲んでトーク」という、アカデミックとストリートが融合したような場を作れたのは良かった。三津のこの建物もすごくいい場になりそう!

f:id:takaoshiraishi:20191030201914j:plain

 

ケミビル705 知らなくても楽しい、知ったらもっと楽しい『愛媛の建築』の世界

松山・ケミビルで不定期に開催されているイベント「知らなくても楽しい、知ったらもっと楽しい○○の世界」。

10月11日の第4回目となる同イベントのテーマを『愛媛の建築』としてお招きいただき、工務店の設計者・宮内健志さん、建築系編集者・宮畑周平さんとともに、愛媛の建築についていろいろ話してきました。

f:id:takaoshiraishi:20191028164335j:plain

 

私は戦後愛媛の建築史を概観し、丹下健三愛媛県民館や今治市庁舎に代表される、建築家による庁舎や公共建築の時代(1950-70年代)、住友に起源をもち愛媛にゆかりのある日建設計をはじめとする組織設計事務所による公共建築整備の時代(1980-90年代)と20世紀の流れをざっくりと整理。

それから21世紀に入り、ロープウェイ街や道後、花園町といった景観整備が行われるようになり、それとあわせて屋台やキッチンカーなどによるマイクロパブリックスペースの出現や、あるいは道後オンセナートなど、公共空間の再整備とその活用が行われるようになったということを概説。
結果的に公共建築・公共空間の流れを確認することとなったが、公共への投資の方向の変化に伴い、各時代を代表する建築のあり方や評価のされかたが変わってきたこと、とりわけ近年には建築単体からから公共空間といった面的な整備へとシフトしていることなどを実際の建築作品とともに整理。


宮内さんは建築への偏愛を語るとともに、それらを分類して解説。松村正恒の松山での独立時代のアノニマスな作品を探す、いわば「隠れた松村建築」発掘の愉しみや、松山のトマソンについて。建築のもつ幅の広さや魅力が伝わる内容だった。
宮畑さんは自身が住み暮らす弓削島の民家や、古民家をリノベーションした自邸兼店舗を紐解き、地域に根ざしたデザインについての語り。愛媛と一口にいっても地域ごとの多様性があり、その個性にそれぞれ魅力がある。

その後の会場を交えた質疑では地域の材料のあり方についても触れられた。地域材の使用についても、ただ使えば良いという短絡的なものではないなということを理解できたのは大きな収穫だった。瀬戸内で多くみられる焼杉についても掘り下げられたが、またじっくり考えてみたい素材である。

 

それにしても、会場となったケミビルの展開がおもしろい。様々な場や分野をつなぐ場所として育ちつつあるなー。

えひめの名建築とは何か?

f:id:takaoshiraishi:20190701204229j:image

 

愛媛県美術館 会議室にて行われた「えひめ名建築発掘発信事業」の第1回委員会に、矢野青山建築設計事務所の矢野さんとともにアドバイザーとして出席。

 

建築の地域資源化や観光まで視野に入れた、愛媛県内の近現代建築の発掘とリスト化を主な目的にしている本事業。
今回はこれまでに市町や建築士会にヒアリングしてかき集めた200件超の戦後の愛媛の建築一覧を基に、今後の方針などについて議論を行った。


地域の名建築をリスト化する。このような際、著名な「建築家」の「作品」を挙げてゆく方法があるが、これはある種の偏った見方ではないだろうか。そのようなやり方ではリストからこぼれてしまうような、しかしキラリと光る愛媛ならではの地域性や物語性を有するような建築をいかに取り上げてゆくか?


ーー私自身はそんなことを考えていたが、どの委員の先生方も同様に既存のやり方で良いとは思っておらず、活発な意見交換がなされた。もちろん、それは手法のひとつであるが、地域発であるからには、中央的な建築メディア視点を盲信するのは危険であろう。


ある委員の先生の発言にもあったが、愛媛の近現代建築史はあらためて洗い直して整理すべきだろう。そうした通史的な観点から見えてくる対象やテーマがあるように思う。

仮事務所へ引越

事務所の建て替えに伴い、仮事務所へ引越。

40年間のいろいろなものも思い切って処分。小さい会社。それでも、段ボール箱は約200箱。

f:id:takaoshiraishi:20190619153816j:plain

ダンススタジオとして使われていた1階は壁全面が鏡張り。昭和感あふれる事務所だけど、窓が多く風通しが良いので今のところ快適です。

谷中、街ぐるみの宿 HAGISO / hanare

以前から「アルベルゴ・ディフーゾ」について興味を持っている。イタリアで「散在する宿」のこと。宿泊や食事がホテルで完結するのではなく、街で部屋のカギを受け取り、食事もまちなかのレストランでとるようなスタイル。

東京では、谷中の街をホテルに見立てた、HAGISOのhanareに宿泊した。
HAGISOの2階が宿=hanareのレセプションになっており、こちらで鍵を受け取る。宿泊は、2分ほど歩いたところにあるhanare。朝食はHAGI cafeで。hanareにも共用のシャワーはあるが、チケットで近くの銭湯に行くこともできる。

なんだか懐かしい街並みが残る谷中の「街に泊まる」宿泊体験が楽しかった。谷中っていうのもいい。松山でもこんなのができるといいな。

f:id:takaoshiraishi:20190607201150j:plain

hanareのレセプションはHAGISO2階にある

f:id:takaoshiraishi:20190607200828j:plain

HAGISO。築60年の木造アパートを改修した「最小文化複合施設」

f:id:takaoshiraishi:20190607200920j:plain

HAGISOから谷中の路地を歩いて…

f:id:takaoshiraishi:20190607200639j:plain

hanareのエントランス

f:id:takaoshiraishi:20190607201006j:plain

HAGISOのレストラン HAGI CAFE。朝食はここでいただいた。

f:id:takaoshiraishi:20190607201041j:plain

朝食は大人気で宿泊以外の人も多数。

f:id:takaoshiraishi:20190607201223j:plain

夜は歩いて銭湯を訪れた。

 

友人のアトリエを訪ねて

東京へ。

十河彰・麻美が共同で主宰するSOGO建築設計と、増田圭吾による、構造設計を中心としたMASDをそれぞれ訪問。ともに同世代の建築家の事務所である。

f:id:takaoshiraishi:20190601233818j:plain

SOGO建築設計

千駄ヶ谷にあるSOGO建築設計の事務所はマンションの最上階をリノベーションしたもの。最上階から四方が見渡せる物件のポテンシャルを見抜き、スケルトンにした上で居心地の良さやワークスペースとしての効率性など、微細にわたる検討とデザインがなされている。

www.sogo-aud.com

 

夕方にはMASDを訪問。そのまま荒木町へ。ワインをいただきいろいろ話す。ごちそうさまでした。

f:id:takaoshiraishi:20190602095337j:image

www.masd.jp

第0回 ローカルアーキテクトミーティング

4月。Mさんにお声掛けいただき、第0回 ローカルアーキテクトミーティングへ。愛媛県内の若手の設計者で意見を交換する会である。

場所は、この日がオープンだというAkira Yamaguchi Studio。

f:id:takaoshiraishi:20190504174120j:plain

三津の商店街にあるのだが、山口さんはこの場を作る過程で三津の人たちとも顔なじみになり、地域にすっかり馴染んでいるようだった。

 

午前中は、私のガイドで三津の建築や面白い場所を案内。自分の仕事を含め、古建築を利用した飲食店や物販店の新規開業が増えていることにあらためて気付かされる。

f:id:takaoshiraishi:20190504174651j:plain

4者が出店する「みつのほ」(4/26開業)がプレオープンしていた

f:id:takaoshiraishi:20190504174805j:plain

改修工事中の現場も見せていただいた


午後は6人で建築設計事務所の仕事について――例えば同業他社の連携や、設計以外の仕事への関与など、いろいろと話し合った。
話しながらあらためて思ったのは、私は建築や場づくりといった自身の仕事を通じて、人や街にポジティブな変化が起こることに寄与したいということ。そのための研鑽や議論は惜しまないでいこう。