2021年を振り返る

2021年の仕事を振り返ると、鉄骨造のビルから一室のリノベーションまで、多様な仕事に取り組んだ。グッドデザイン賞など対外的な評価をいただき、個人的には愛知産業大学での設計スタジオ(非常勤講師)や愛媛新聞のコラム「伊予弁」の執筆など、自身を振り返るよい機会もいただいた。一方で、2020年から続くコロナに翻弄された一年でもあった。具体的な仕事から、2021年を振り返ってみたい。


「ひみつジャナイ基地」がグッドデザイン賞を受賞

2021年は、2020年に完成した「ひみつジャナイ基地」(松本樹さんとの共同)がグッドデザイン賞とまつやま景観賞 審査員特別賞を受賞し、これまでの仕事に一定の評価をいただくことができた。

www.g-mark.org

dogo-art.com

 

2021年のプロジェクト

多様に利用されるオフィスとテナントによる「Azure Bliss」、ダンススタジオ・学習塾・カフェなどの複合からなる「DIG STUDIO」など、企業からのご依頼も形になった。それぞれ難易度の高いプロジェクトだったが、施工者や様々な方にご尽力いただき、無事に完成することができた。

f:id:takaoshiraishi:20220112151154j:plain

Azure Bliss

f:id:takaoshiraishi:20220112151232j:plain

DIG STUDIO

 

公共施設のマネジメント・長寿命化


30数年前に弊社で設計を行った「埋蔵文化財センター 松山市考古館」も大規模改修設計を経て、改修工事が完了した。

2019年から各種点検や調査を行い、今後50年にわたる長期的な計画(長寿命化)を策定した上で、初回となる大規模改修の設計を行った。しかし、設計を終えて工事に入るところで内容が大幅に縮小することになった。設計者としては残念だが、コロナ対策に予算がまわされた結果だろう。これもまた、建築の長期的な運用におけるひとつの側面といえるだろう。

 

www.cul-spo.or.jp

 

6畳1間から地域を考える

「COWORKING-HUB nanyo sign」や「PAAC 平和通りアートセンター」といった、地域との関わりを媒介する場のデザインも行った。

「COWORKING-HUB nanyo sign」は内子町に2021年4月にオープンしたコワーキングスペースで、移住相談窓口を備えるという特徴がある。南予移住マネージャー(山口聡子さん)がほぼ常駐しているのが面白いところで、人の繋がりを媒介する場になればと思う。

「PAAC 平和通りアートセンター」は6畳1間のリノベーションであり仕事としては最小規模だが、様々なことを考えさせられたのは「伊予弁」で申しあげたとおり(参考 伊予弁「デザインしないというデザイン」)。今もユニークな企画が行われ、オルタナティブな場に育ちつつある。

f:id:takaoshiraishi:20220112152142j:plain

COWORKING-HUB nanyo sign

 

f:id:takaoshiraishi:20220112152246j:plain

PAAC 平和通りアートセンター

 

e-iju.net

www.facebook.com

 

愛媛新聞「伊予弁」 記事一覧

愛媛新聞のコラム「伊予弁」に掲載された記事の一覧です。愛媛・松山の建築や場所を題材に、考えていることをまとめています。

takaoshiraishi.hatenablog.com

takaoshiraishi.hatenablog.com

takaoshiraishi.hatenablog.com

takaoshiraishi.hatenablog.com

takaoshiraishi.hatenablog.com

takaoshiraishi.hatenablog.com

 

愛媛新聞「伊予弁」⑤ パブリックとプライベートの「あいだ」

愛媛新聞で連載しているコラム「伊予弁」。第5回は、公共空間について。常々、公でも私でもない「共」の形に可能性があると思っていて、そのことを書きました。

 

f:id:takaoshiraishi:20211021135019j:plain

2021年10月20日愛媛新聞(掲載許可番号:d20211021-05)

 

愛媛新聞「伊予弁」④ 日土小学校の教え―建築の保存と活用―

愛媛新聞で連載しているコラム「伊予弁」。第4回は、日土小学校について。保存運動を行っていた2004年に訪れたときのことを思いだして書きました。

f:id:takaoshiraishi:20210924085006j:plain

2021年9月22日付愛媛新聞(掲載許可番号:d20210922-02)

 

愛媛新聞「伊予弁」③ リノベーションという「自由」

愛媛新聞のコラム「伊予弁」。第3回はリノベーションについて。

 

f:id:takaoshiraishi:20210826131327j:plain

2021年8月25日付愛媛新聞(掲載許可番号:d20210826-01)


三津浜では複数の建物のリノベーションに携わってきたが、三津浜を歩くと、クライアントの個性がそのままお店になったような印象を受けるものが多い。建築をつくるということは設計者や施工者の手を介することでもあるが、ところどころ(あるいは全面的に)オーナー自らDIYでリノベーションやリフォームが行われたものは、そのような設計者や施工者の「こういう空間が素敵でしょ」といった押しつけがましさのようなものを感じることが少ないように感じる。それは青木淳さんのいう「原っぱ」という概念にも近いように思う。

愛媛新聞「伊予弁」② 「みんな」の建築をつくるには

 

愛媛新聞のコラム「伊予弁」。第2回は建築のコンペについて。

f:id:takaoshiraishi:20210714170800j:plain

2021年7月14日付愛媛新聞(掲載許可番号:d20210714-03)

道後アートのやり方が最善とは思わないし、私自身、反省も多々ある。ただ、公共建築のつくられ方にはもっと建設的な議論があっていい。近年のプロポーザルを中心とした設計者選定の方法についても、積極的に良い建築・環境を作るというより、リスク回避といった消極的な手法として用いられているように思えてしまう。「案」を提示するコンペという方法は、議論を起こすためのきっかけとしても有用であるように思う。いわば「プロセスとしてのコンペ」という方法もあるだろう。

 

参考文献

みんなの建築コンペ論 (建築・都市レビュー叢書)