道後オンセナート2018『街の中の雲』

2月23、24日の週末は道後オンセナート2018 地元プロジェクト『街の中の雲』で道後へ。担当者として手伝いに。

f:id:takaoshiraishi:20190228164946j:plain

『街の中の雲』

『街の中の雲』は元々オンセナートのためにデザインされたものではなく、前年の「移動する建築」という松山で行われた建築コンペでの受賞作品が元。デザインはバンバタカユキさん。それを道後オンセナートの作品として、2018年8月と今回の二度あげることができた。運営の主体は、もともとのコンペを仕掛けた松山アーバンデザインセンター。雲の中身はヘリウムガス(一部空気)を充てんした10個の大きな風船で、帝人が技術協力した軽くて丈夫な特殊な幕で覆われている。

また考えてみたいことではあるが、今回の道後オンセナート2018は、全体の中での核となるような作品が見られなかった代わりに、地元でのプロジェクトが(半ばゲリラ的に)行われ、それぞれに小規模ながら盛り上がりを見せていたように思う。外からのアーティストのアイデアを、地元の人々の手で「形」にした本作品もその好例だろう。

f:id:takaoshiraishi:20190228164948j:plain

『街の中の雲』

雲が道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)の中庭に登場しゆらゆら揺れては移ろい、雲と地面との距離が揺れ動き、人の活動にも影響を及ぼす。様相が絶えず変化しているその情景は自然のよう。それが雲という形を伴って可視化されたとも見てとれる。

 

道後オンセナート2018も今日で会期を終える。